機能について

機能について

署名機能

完全オンライン締結

契約の当事者全員がクラウド上で署名できます。PCなど端末側での設定は不要です。

電子サイン

メール認証による本人確認を行い、電子的に署名(Electronic Signature)できます。

詳細を見る

手書きサイン

スマートフォンやタブレットなどの端末で、手書きによるサインができます。

詳細を見る

印影登録

電子契約で署名する際、紙の契約と同じような見た目を再現する印影を登録できます。

詳細を見る

電子署名

電子認証局によって本人確認・発行された電子証明書で署名(Digital Signature)できます。

詳細を見る

3社間契約対応

3社間以上で契約を締結するケースでも、特別な設定をすることなくご利用いただけます。

国内シェアNo.1の認証局と直接連携

全世界で2500万枚以上の電子証明書の発行実績を誇るGlobalSignと直接連携しています。

詳細を見る

長期署名・認定タイムスタンプ

契約締結後の保管文書に付与されたタイムスタンプは有効期限前に自動で延長されます。

詳細を見る

Adobe認定証明書を採用(AATL)

Adobe認定のルート証明書を採用。Adobe Readerでも簡単に電子署名の有効性を検証できます。

詳細を見る

オプション

画像添付

契約締結シーンにおいて、身分証明書など本人確認書類の画像を添付できます。

詳細を見る

スマホ対応(署名)

電子文書に署名するシーンにおいて、PCだけではなくスマートフォンやタブレットでも署名できます。

契約ステータスの確認

自社・相手方の署名状況をひと目で確認できるため、契約の締結漏れを防げます。

証明書の期限通知

電子証明書の有効期限前に更新期限をご案内。有効期限切れを防止できます。

ワークフロー

自社ワークフローを設定できるので、署名依頼前に承認作業を入れることができます。

オプション

ワークフロー固定機能

あらかじめワークフローに承認者を設定して、送信を制限することができます。

詳細を見る

署名依頼メールの
再送信

先方の担当者が署名依頼メールを紛失した場合でも署名依頼メールを再送できます。

オプション

SMS送信機能

契約相手に対して電子文書への署名依頼を送信する場面において、電子メールに代わり携帯電話のSMSを使用することができます。

詳細を見る

送信機能

署名者変更

送信先の担当者と署名者が異なる場合、送信先の担当者で署名者の変更ができます。

署名順設定

複数人の署名が必要な承認フローにおいて、契約文書への署名の順番を設定できます。

アクセスコード認証

送信元でアクセスコードを設定することで、送信先での署名画面へのアクセスを制限できます。

詳細を見る

文書テンプレート登録

使用頻度の高い電子文書を、文書テンプレートとしてあらかじめ登録できます。

詳細を見る

差込文書一括送信

文書テンプレートにおいて、CSVを使用して契約相手ごとに異なる文言を差し込んで一括送信できます。

詳細を見る

アドレス帳

送信先の情報をアドレス帳に登録しておくことで、文書情報の入力時に指定するアドレスを選択できます。

管理機能

文書検索(電子帳簿保存法対応)

文書情報(契約書名、相手方、締結日、有効期限等)から必要な文書をすぐに検索できます。

契約更新の通知

文書ごとにリマインド通知設定をすることで、契約の更新・解約漏れを防止できます。

閲覧制限(文書/フォルダ単位)

文書、またはフォルダごとに閲覧範囲を設定できるため、部外秘の文書なども安心して保管できます。

詳細を見る

フォルダ作成

文書の種類や、管理部署ごとにフォルダを作成して、文書を管理できます。

ユーザーグループ管理

サービスを利用するユーザーを所属部署ごとにグルーピングして運用できます。

役割・権限設定

サービスを利用するユーザーごとに、役割と権限を設定して運用できます。

文書情報項目設定

文書ごとに文書名、相手方、締結日などの情報を登録できます。また、関連契約(個別契約、覚書など)の紐付け・表示もできます。

詳細を見る

文書リスト作成(CSV出力)

文書リストをCSVで出力し、監査などの際に即時にリストを作成・提出できます。

操作ログ管理

サービスを利用するユーザーがいつ、どの文書に、どのような処理を行ったか確認できます。

オプション

スキャン文書管理

従来の紙の契約書もスキャンして、電子契約と一緒に保管・検索・管理できます。

詳細を見る

オプション

PDF化代行サービス

紙文書のスキャンから文書情報の入力とデータインポートまで、PDF化を代行します。

拡張機能

オプション

Agreeペイメント

契約と同時に、相手先に請求を依頼することができます。都度決済と定期決済に対応。さまざまなシーンでご利用いただけます。

詳細を見る

オプション

Agree対面契約

対面によるお申込みや契約をタブレットのみで完結することができます。タブレット上で必要事項を記入し、手書きサインでサインをすることで、自動でAgreeに保管されます。

詳細を見る

システム連携

オプション

API連携

外部の基幹システムやワークフロー・帳票システム、CRMなどとAgreeの各機能をAPI経由で連携できます。

詳細を見る

オプション

Salesforce連携

連携サービスを利用することで、Salesforceで帳票作成から、契約締結・保管・管理までシームレスに実現できます。

詳細を見る

オプション

kintone連携

連携サービスを利用することで、kintoneで帳票作成から、契約締結・保管・管理までシームレスに実現できます。

詳細を見る

セキュリティ

オプション

IPアドレス制限

Agreeへのアクセスを特定のネットワークだけに許可する設定ができます。

詳細を見る

オプション

ワンタイムパスワード

シングルサインオンのログインにおいて、ワンタイムパスワードの認証を追加できます。

詳細を見る

オプション

クライアント認証

許可済みのクライアント証明書がインストールされた端末からのみアクセスを許可する設定ができます。

詳細を見る

オプション

AD連携(Active Directory)

Agreeユーザーの管理や、アクセス権限設定の手間を削減できます。

詳細を見る

ID管理サービス「トラスト・ログイン」について

トラスト・ログインは、シングルサインオン(SSO)と、ID・パスワードの一元管理を実現するクラウドサービス(IDaaS)です。シングルサインオンとは、1つのIDとパスワードで認証を行い、複数のWebサービスやクラウドサービスにアクセスする仕組みです。Agreeと連携をすることにより、シングルサインオン機能と不正アクセス防止機能によるセキュリティ強化を簡単に実現できます。従業員によるパスワードの使いまわしによるリスク防止やID管理の効率化といった効果も期待できます。

ロゴ トラスト・ログインの詳細を見る

以下のID管理クラウドサービスもご利⽤いただけます

料金・仕様表を見る