長期署名・認定タイムスタンプ

非改ざん性を証明する認定タイムスタンプ

タイムスタンプとは、電子文書の非改ざん性を担保するための技術的な仕組みのことです。タイムスタンプを付与することで、以下の2点を証明することができます。

  • タイムスタンプに記録された時刻に、その文書が存在していること(存在証明)
  • タイムスタンプに記録された時刻以降に、その文書が改ざんされていないこと(非改ざん証明)

タイムスタンプに記録された時刻とハッシュ値(文書内容をもとに作成されたデータ)を比較することで、文書が存在していた事実と改ざんされていないことを確実に証明します。

長期署名・認定タイムスタンプ

タイムスタンプは、時刻認証局(TSA)により付与されます。タイムスタンプに記録される時刻は、時刻配信局(TA)が提供する正確な時刻です。これにより、文書作成時刻を信頼できる第三者によって客観的に保証することができます。

タイムスタンプには有効期限があり、有効期間は約10年です。暗号技術を基盤としているため、技術進歩により暗号が破られる危険性を踏まえて有効期間を定めています。10年を超える契約を締結する場合、タイムスタンプの効力を延長する必要があります。この延長する仕組みを「長期署名」といいます。Agreeでは、10年毎に最新暗号技術に基づくタイムスタンプが自動付与されるよう開発を行なっています。これにより、20年、30年と効力を延長することができるようになります。

署名機能一覧へ戻る