API連携

外部システム連携で契約業務をシームレスに

外部の基幹システムやワークフロー・帳票システム、CRMなどとAgreeの各機能をAPI経由で連携できます。連携することで、契約書の作成から稟議承認、電子署名による契約締結、書類保管といった一連のプロセスをシームレスに行うことができます。

API連携

主なAPI

認証

  • アクセストークン生成
  • トランザクションID取得

登録・削除

  • 文書アップロード
  • 文書情報登録
  • 文書取得・削除
  • ユーザー登録・更新・削除

署名

  • 署名位置設定
  • 署名処理実行

情報取得

  • 文書詳細情報
  • 管理番号取得
  • 追加フィールド情報取得
  • 操作ログ取得(Webhook対応)

利用イメージ①「文書管理システムとの連携」

多くの個人事業主との業務委託契約が発生する事業者の場合です。既存の文書管理システムとAgreeをAPI連携することで、既存の文書管理システム上で契約書を作成した後、自動的にAgreeに契約書がアップロードされる仕組みが実現します。契約締結後の契約書は、Agreeから既存の文書管理システムに渡されるようにすることで、同システム上で一連の管理が可能となります。

API連携

利用イメージ②「CRMシステムとの連携」

大量のサービス申込書の回収・管理が必要な通信事業者の場合です。既存のCRMシステムとAgreeをAPI連携することで、CRMシステム上の取引データを元に申込書を作成した後、自動的にAgreeに申込書がアップロードされる仕組みが実現します。また、署名された申込書はそのままAgreeで保管されるため、申込書の回収業務も不要となります。

API連携

API連携はオプションとなります。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

システム連携一覧へ戻る