アクセスコード認証

アクセスコードの設定で本人性を強化

契約書を送信する際に、アクセスコード(パスワード)を設定することができます。相手方が署名する際にアクセスコードを入力させることで、本人性を強化することができます。アクセスコードは別途SMSやメッセンジャーツール、電話などで伝え、本人以外はそのアクセスコードを知りえない状況を作ります。これにより、署名者が本人であるという証拠力を強化します。Agreeの標準機能で、追加費用なくご利用いただけます。

送信機能一覧へ戻る