Agreeの特長

仕事がはかどるクラウド電子契約

従来の紙による契約業務は効率的に、コンプライアンスの強化も。
Agreeは、これまで面倒だった契約の仕事をかんたんにします。
スムーズな契約が、よい仕事につながりますように。

契約を楽にする機能

時間も費用も、あっという間に削減

契約の電子化でコスト削減

契約の電子化でコスト削減

契約手続きがオンラインで完結。最短数分から契約締結できます。大量に同様な契約を行う場合でも、テンプレート機能や一括送信で効率よく契約できます。従来、紙の契約書に必要だった印紙税や郵送費だけでなく、印刷・製本・送付・保管といった事務作業もコスト削減します。
また、契約の状況もAgreeの管理画面上で可視化。締結漏れ防止などステータス管理がかんたんになります。さらに、契約締結後の更新・解約処理といった定期的な業務も、リマインド通知機能により手軽にマネージメントできます。

署名機能を見る
送信機能を見る

充実の管理機能

充実の管理機能

探しやすさを重視した検索機能。キーワード検索はもちろん、基本的な契約情報(契約書名、相手方、締結日、有効期限等)や契約金額の範囲指定など、多彩な検索条件に対応しています。
さらに、文書はフォルダごとに整理して格納できます。そのほか、契約の一覧出力(CSV形式)や操作ログ出力、ユーザーごとの閲覧制限など、契約書の管理に必要な機能を網羅しています。
また、電子帳簿保存法(第10条)の要件を満たしており、国税関係書類に該当する契約書類も電子データのまま保存することが可能です。

管理機能を見る

業務システムとの連携

業務システムとの連携

オプション機能の「Agree オプション機能の「Agree API」を利用し、ご利用中の基幹システムやCRM(顧客管理)システムと「Agree」を連携できます。また、SalesforceやKintoneといった業務システム用の連携パッケージも提供しています。
契約書の作成から稟議承認、電子署名による契約締結、書類保管といった一連のプロセスをシームレスに行うことができるようになります。

システム連携機能を見る

契約の文化に寄り添う設計

印鑑文化もスマートに移行

選べる署名タイプ

選べる署名タイプ

Agreeでは、電子署名における署名者の本人性を担保する方式として、2つの署名タイプを採用しています。メール認証によるシステムログで本人性を担保する電子サインタイプと電子認証局により厳格に本人確認・発行された電子証明書によって本人性を担保する電子署名タイプです。どちらもクラウド上でスピーディーに契約締結を行える点は共通しつつ、導入のしやすさや負担の少なさを重視する場合は「電子サイン」、法的効力やガバナンスを重視する場合は「電子署名」のご利用が最適です。
企業のさまざまな文化やコーポレート・ガバナンスに寄り添えるよう、電子サインと電子署名を用途に合わせて選択できるプランを用意しています。

料金プランを見る

Standardプラン

Standardプラン

導入しやすい電子サイン

メール認証によるシステムログで本人性を担保する「電子サイン」が利用できるプラン。
電子証明書の取得など、事前準備が不要なためよりスピーディーな契約締結が可能です。
認定タイムスタンプも標準実装し、非改ざん性も担保。

Businessプラン

Businessプラン

法的効力やガバナンスを重視する電子署名

第三機関である電子認証局により厳格に本人確認・発行された電子証明書によって本人性を担保する「電子署名」を利用できるプラン。「電子サイン」の併用にも対応しています。
電子署名は、電子署名法に準拠しており、高い証拠力が必要となる契約の締結にも対応できます。
印章管理や署名権限管理などの厳格なガバナンス規定にも親和性があります。

安全性を支える技術

日本一安全な電子契約を目指して

より安全な電子契約をつくる

より安全な電子契約をつくる

これまでの紙と印鑑で取り交わされていた契約書にある、紙ならではの安心感。これから電子契約へ移行していくにあたり、変化することへの不安は当然だと思います。
Agreeでは、従来の契約文化を踏襲しながら、移行で生じる不安を少しでも解消し、さらなる安全性や利便性でお応えしたい。私たちは電子契約をより安全で使いやすい形でサービス提供していきます。

GMOグローバルサイン

GMOグローバルサイン

国内シェアNo.1の電子認証局と連携

全世界で2500万枚の電子証明書を発行した実績。政府機関や大手企業でも利用されているGMOグローバルサインと直接連携しています。電子認証局をグループ会社にもつ当社だからこそ実現できる安心な電子契約を提供します。

Adobe Approved Trust List(AATL)

Adobe Approved Trust List(AATL)

Adobe認定のルート証明書を採用

  • Adobe, Adobe Acrobat Reader, AATL はアドビシステムズ社の商標または登録商標です。

Adobeにより要求される厳格な技術要件を満たす信頼性の高いルート証明書を利用。
Adobe Acrobat Reader でも簡単に電子署名の有効性を検証することができます。

認定タイムスタンプ

認定タイムスタンプ

セイコーソリューションズ社の認定タイムスタンプを標準付与

時刻認証業務認定事業者(TSA)であるセイコーソリューションズ社の認定タイムスタンプを標準付与。
e-文書法や電子帳簿保存法など、各種法令にも対応できます。

セキュリティの取り組み

ファイル暗号化

ファイル暗号化

Agreeでは1つ1つの契約データごとに暗号化して保管しています。

通信の暗号化

通信の暗号化

通信を暗号化することで、盗み見や改ざんを防止しています。

署名鍵保管

署名鍵保管

電子契約で利用するお客さまの署名鍵は、Hardware Security Moduleの堅牢な環境で生成・保管しており、不正利用を防いでいます。

セキュリティ診断

セキュリティ診断

外部のセキュリティ専門業者によるセキュリティ診断を行っています。

WAF

WAF

Web Application Firewall)で、不正な攻撃からもシステムを保護しています。

データバックアップ

データバックアップ

Agreeでは全ての契約データを日次でバックアップを取っています。

万全の運用体制

GMOクラウド

ITインフラ事業者20年の実績

Agreeは、インターネットの黎明期から日本のIT基盤を支えてきた当社のクラウド基盤を採用。20年以上にわたり、11万社を超える企業のITインフラを支えてきた当社だからこそ実現できる運用体制で電子契約サービスを安心安全に提供します。